ストレッチ・ベンド・レべリング

ストレッチ・ベンド・レべリング技術は極薄の金属ストリップの平坦化に用いられます。

ストレッチ・ベンド・レべリング・ラインの絶え間ない進歩により、B+Sは極薄および最薄の金属ストリップのレベリングにおける世界市場リーダーとなっています。矯正工程における張力のオーバーラップや曲げ加工により、素材パラメータである降伏点、伸び、スプリング曲げ限界などの調整が可能となり、内部応力を低減させることができます。 その結果、うねり、クロスボウ形状のわん曲、長弓形状のわん曲、キャンバーなどのストリップ形状偏差が最小まで低下します。ストリップ品質のこうした向上が、さらなる加工を大幅に最適化します。 例えば、ストリップの加工特性が向上し、最終製品の形状精度が高まり、表面被膜でより薄い層厚さが実現します。

ライン仕様

コイル重量

最大 30.000 kg

ストリップ幅

最大1.650 mm

材料厚さ

0.022.0 mm

速度

400 m/min超

当社サービスには以下が含まれます:

  • 詳細なプロジェクト相談、
  • お客様に沿ったキックオフミーティング、
  • 社内設計事務所、
  • 機械的設計と電気的設計との密な相互関係、
  • 社内で製造・組み立てを行う高付加価値チェーン、

B+Sのストレッチ・ベンド・レべリング・ラインの優位性:

  • 非常に高度な自動化、
  • 平面性測定と整列レベリング技術による、ストリップ欠陥の排除、
  • 特許を取得した、メンテナンスしやすい矯正ロール軸受、
  • 高速の加工速度、
  • 熱成形特性の向上、
  • ダウンタイムをなくすことによる生産時間の増加、
  • 引張強度が1,500 N/mm²以上、降伏強度が 1,100 N/mm²以上の超高強度材料の加工経験。
メニュー