EP-切断バリ測定装置

あらゆる材料向けの正しい切断バリ測定

バリは精密制作や製造工程の自動化にとって最大の障害の1つです。 バリは製造工程で材料のプラスチックが変形したものとして生じ、ワークピースの端から突き出た、不要な材料の突起と定義されます。 これがあると、金属部品の検査、組み立て、ファクトリーオートメーションで問題が生じます。バリ高さの正確な測定は、バリ形成の特性を明らかにし、バリ発生を避ける、または最小限にするための工程を決定するのに不可欠です。 B+SとFocalSpecはカッティング工程の品質管理のため、新しい非接触型で光学式の切断バリ測定装置を共同開発しています。

装置仕様

最小8 mm

厚さ

0.025.0 mm

長さ

エンドレス

測定精度

1 μm

EP 100+ 切断バリ測定装置

  • 切断バリの判断、
  • 正確、信頼できる、迅速、
  • 時間のかかるサンプル準備の必要なし、
  • 品質基準の早期レビュー、
  • すぐに分かる測定結果、
  • 時間と経費を節約、
  • EU、米国、日本、中国で特許取得
メニュー