トラバース型巻取装置

トラバース型巻取装置はストリップを振動スプールに巻取るのに使用されます。

B+Sの精密トラバース型巻取装置は、幅広コイルを迅速かつ効率的に、長く狭いストリップ長さに巻取る必要があるところで使用されます。 高い生産性を実現するため、コイルはほどかれて複数のスリットコイルに切断される場合があります。 お客様の要望に応じ、複数のトラバース型巻取装置がスリットコイルに装着されます。独立型システムにおいて、個別コイルはほどかれて1つに溶接され、その後にトラバース型巻取装置によって振動で巻き取られます。要望や素材に応じ、コイリングはマンドレルヘッド、コア、またはスプール上で直接行われます。 カスタマイズされたこれらの装置は、例えば隙間ゲージ、精密ストレイテナー、さらには給油装置によって補完可能です。

装置仕様

スプール重量

5.000 kg超

エントリーコイル幅

1.500 mm超(スリッターラインとの組み合わせで)

材料厚さ

0.034.0 mm

速度

800 m/min

当社サービスには以下が含まれます:

  • 詳細なプロジェクト相談
  • お客様に沿ったキックオフミーティング
  • 社内設計事務所
  • 機械的設計と電気的設計との密な相互関係
  • 社内で製造・組み立てを行う高付加価値チェーン

B+Sのトラバース型巻取装置の優位性:

  • 高性能巻取りアルゴリズムによる、正確な巻取りパターンと大型化したコイル径
  • 初期待機角度による、最初から非常に良好な縁端ビルトアップ
  • オフセット角度のための自動化されたプログラムによる、非常に安定した、統一された縁端ビルトアップ
  • 最適な巻取りステップのための全自動計算
  • 完璧な巻取りパターン – ラインオペレーターから独立
  • 革新的な自動化ソリューションや速いライン速度を通じた、セットアップ時間の短縮、
  • 掃除不要のスリッター軸受による、高精度のスリッター品質、
  • スリッターシャフトの変形を最小にとどめることで、かなりの数のストリップのバリ高さの度合いを同時に最小化、
  • 引張強度が1,500 N/mm²以上、降伏強度が 1,100 N/mm²以上の超高強度材料の加工経験。

 

メニュー